日本一のSNSお蕎麦のコミュ「蕎麦研究会(そばけん)」公式

蕎麦研究会(そばけん)

https://sobaken.jp

過去のログ

もり木|蕎麦屋というよりも、小粋な割烹という雰囲気 @名古屋 池下

投稿日:

名古屋市営 地下鉄「池下駅」から、北に 徒歩 約15〜20分。

地下鉄の駅から歩くと、ちょっと距離があるので 慣れないと思わず、
タクシーを使いたくなる場所である。車なら問題はない。

まだオープンしてからまもなく、新しくて気持ちのいい店内。

カウンターとテーブル席が3つほど。
蕎麦屋というよりも、自分だけの特別なお店というか、
小粋な割烹に来ているという雰囲気。

 

 

この夜は、1800円のコース(先付、天ぷら、お蕎麦、ご飯物、デザート)を注文。
価格と内容を考えれば、とてもお値打ちなコースだ。

 

 

蕎麦は、繊細な手打ち麺。
この日は、石川県産とのこと。香りはまずまず。

江戸前の蕎麦が好きな僕は、もう少しエッジとコシの効いたものが
いいが、一般的には まず問題はないだろう。
つゆと薬味は、 一般的な鰹系と 昆布系の白つゆの 二つ。
一般的な鰹系のつゆ と 昆布系の白つゆの 両方を食べ比べできる。
昆布系の白つゆは、珍しさもあり 味わい深かった。
合わせて 蕎麦湯で ホットと一息くつろげた。

 

また、薬味と山葵、そして ボール状に盛りつけられた 大根おろし。
こういうちょっとした所にも いっさい 手を抜かない この姿勢。
こういう部分に 蕎麦屋のこだわり と ポテンシャルを垣間見れるのだ。
そして、天ぷらは 素材が良さが光っていた。(写真は撮り忘れ!)
素材の良さからくる、自然の甘みと旨さを実感できた。

まだ新しいお店「もり木」、これからの進化にも注目してゆきたい。

 

■蕎麦 もり木
名古屋市千種区若水3−19−2
電  話 052-726-5224
営業時間 11:30~14:00(L.O.13:00) 17:30~22:00(L.O.21:00)
定 休 日 水曜日

■2013年10月6日来店

-過去のログ

Copyright© 蕎麦研究会(そばけん) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.